WEB(K)Campus-ウエブ系キャンパス-

娯楽は少なめ。備忘録がほとんどのキャンパスノート代わりのWeb系のメモサイトです

  • メール・お問い合わせ
  • Twiieerのリンク
  • ピンタレストのリンク

(K)borderと背景画像を使ってナビゲーション装飾とclearfixを使ってfloat解除(CSS覚え書き)

clearfix_nav_top
こんにちわ、CSS復習中の@Kc_fujiです。

今回はグラデーションと境界線のみのシンプルなナビゲーションメニューに挑戦します。
今回の課題は「ボタン1つずつに、均等の境界線を引く」「clearfixでfloatを解除」
この2点に絞って進めていこうと思います。

まず、目標とする完成図

clearfix_nav01

  • グラデーションはCSSで背景画像をrepeat-xで繰り返し
  • グラデーションは均一なので、縦幅1pxの画像にする
  • マースオーバー時は背景画像を薄くする。
  • 境界線は全方向2pxにする。

【1】まず、HTMLでマークアップ

<nav>を親要素にその中に<ul>と<li>でリスト作成

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
	<meta charset="UTF-8">
	<title>clearfixを使ってfloat解除</title>
</head>
<body>
<nav>	
<ul class="menu">
	<li><a href="#">メニュー01</a></li>
	<li><a href="#">メニュー02</a></li>
	<li><a href="#">メニュー03</a></li>
	<li><a href="#">メニュー04</a></li>
	<li><a href="#">メニュー05</a></li>
	<li><a href="#">メニュー06</a></li>
</ul>	
</nav>
</body>
</html>

【2】CSSでコーディング

ここで、注意するのは、borderの指定位置です。
<li>に全方向(top,bottom,left,right)にborderを指定するのが一番、お手頃そうにですが、それをやってしまうと隣り合うボタン同士が2px+2pxで4pxになってしまい、均一感が薄れてしまいます。
clearfix_nav04

それを、回避するために<li>はborder-left(左)のみで、<ul>には、border-top(上)、border-bottom(下)、border-right(右)を指定します。これで、全方向に2pxの線を引くことができます。

clearfix_nav02

通常通りナビゲーションを装飾するCSSプロパティを記述。
※背景画像は通常とロールオーバーをくっつけて、幅1pxで作成してrepeat-xを指定
※bodyの横幅は中途半端な幅ですが、今回は見逃して下さいm(_ _)m


body{
	background-color: #f3ebeb;
}

nav{
	margin:0 auto;
	width:986px;	
}


ul.menu{
	margin:0px;
	padding:0px;
	background-color:#ff5b5b;
	list-style: none;
	border-top:2px solid #000;
	border-bottom:2px solid #000;
	border-right:2px solid #000;	
}

ul li{
	float:left;
	border-left:2px solid #000;
	line-height:50px;
	width:162px;
}

ul li a{
	text-decoration: none;/*リンクの下線を消す*/
	color:#fff;
	text-align: center;	
	display: block;/*テキストを中央寄せにするために*/
}



ul.menu a:link,
ul.menu a:visited{
	background: url(img/btn.jpg)repeat-x left top;
}

ul.menu a:hover{
	background: url(img/btn.jpg)repeat-x left -50px;	
}



んで、ここまでのプレビューがコレ!!
サンプル(未完成)

はい、うまくできてません!!

原因は<ul>にある。

<ul>に指定しているborder-bottomとborder-rightがキチンと引けてません。
chromeで要素の検証をすると、分かりますが、<ul>に<li>をfloatする事によって浮いてしまってる状態なので、<ul>に高さがない状態になってしまってます。
clearfix_nav03

【3】ここで、<ul>にclearfixを指定して<li>のfloatを解除します。

以下のコードを追加して、<ul>に新たなclassを指定します。
※classは複数設定する事が出来ます。設定する時は半角スペースを空けます。
※clearfixと書いてるclass名は決まりではありません、名前は自由です。

<ul class="menu clearfix"><!--clearfixを追加-->
	<li><a href="#">メニュー01</a></li>
	<li><a href="#">メニュー02</a></li>
	<li><a href="#">メニュー03</a></li>
	<li><a href="#">メニュー04</a></li>
	<li><a href="#">メニュー05</a></li>
	<li><a href="#">メニュー06</a></li>
</ul>	

.clearfix:after {
	content: ".";
	display: block;
	height: 0px;
	clear: both;
	visibility: hidden;
}
.clearfix {
	zoom: 1;
}

↓上記のコードを記述後に出来たのがコレ!!
サンプル

clearfixのコードについて解説

テキスト要素の「.」※ピリオドを追加して、visibility: hiddenで非表示にして、clear:bothを指定してfloatを解除する。
これで、BOX内でfloatが解除されたので、<ul>に高さが指定されたので、指定したborderがキチンと表示できるってわけですね。

まとめ

<ul>に高さが表示されずに、こんな現象をよく起こしちゃってたので、<ul>にoverflow:hiddenを指定しても、同じように解消されるのですが、今回はclearfixを使っての解除が目標だったので、これでゴールです。使いこなせれば、何かと重宝しそうな手法なので、ガンガン取り入れていこうと思います。以上、@Kc_fujiでしたm(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

  • サイト内検索

  • About Me

    けぃしぃ(@Kc_fuji)

    WEB制作会社に務めるサラリーマンです。 DTP、WEB制作、映像編集 チョコチョコやってます。
    このブログは、制作の覚え書きとWordpressの実験所として利用しています。

  • Recent post

  • Category

  • Twitter

  • Archives

    • 2017 (3)
    • 2016 (4)
    • 2015 (19)
    • 2014 (33)
    • 2013 (25)
  • ページの先頭へ