WEB(K)Campus-ウエブ系キャンパス-

娯楽は少なめ。備忘録がほとんどのキャンパスノート代わりのWeb系のメモサイトです

  • メール・お問い合わせ
  • Twiieerのリンク
  • ピンタレストのリンク

(K)Wordpresを入れてるサーバーをローカルに移行させた手順(サイトリニューアル時)

Wordpressサイトをローカルサーバーに移行した
現在稼働中のWordpressのwebサイトのデザインをリニューアルする際に、レンタルサーバーに入ってるデータをごっそりローカルサーバーに移行させて作業する機会がありました。サーバーの知識が薄いので、若干手こずりました。そんな頻繁的にやる作業ではないので、同じ作業をやる時のメモ書きとして残しておきます。

※今回参考にさせていただいたサイト様m(_ _)m

wordpressの本番サイトをローカル環境に再構築するための6ステップ

おおまかな手順はこんな感じ

  1. 1. 「phpMyadmin」にアクセスして本番サイトのデータベースをエクスポート
  2. 2. 本番サイトのWordpressフォルダをごっそりローカル環境にダウンロード
  3. 3. 本番サイトのエクスポートしたデータベースをローカルサーバー用に書き換える
  4. 4. ローカル環境でphpMyadminにアクセスして新しいデータベースを作成
  5. 5. ローカル環境(MAMP)でエクスポートしたデータベースをインポート
  6. 6. ローカルサーバーの「wp-config.php」を書きかえ
  7. 7. 手こずったところのまとめ

(1)「phpMyadmin」にアクセスして本番サイトのデータベースをエクスポート

phpMyadminは各レンタルサーバーによって入り方が違いますが、ロリポップは「ユーザー専用ページ」→「webツール」→「データベース」でアクセスできます。

phpMyadminログイン画面

データベースが複数ある場合は、抜き取りたいデータベースを選択して「エクスポート」をクリック

データベースをエクスポート

データベースのエクスポートの設定画面ンい切り替わるので、フォーマットが「SQL」になってるのを確認して「実行する」をクリック

ファイル形式はsqlに設定

「○○○○○.sql」ファイルの保存ダイアログが現れるので、適当な場所に保存。

(2)本番サイトのWordpressフォルダをごっそりローカル環境にダウンロード

FTPソフトでサーバーに入ってるWordpressフォルダを全てローカルサーバーの持って行きます。僕のローカルサーバーは「MAMP」なので「htdocs」の中にまるごとコピーしました。

※「htdocs」の中にすでに「wordpress」フォルダがあったので、「wordpress_k」フォルダを作成しました。

ローカルサーバーにwordpressのデータをコピーする場所

(3)本番サイトのエクスポートしたデータベースをローカルサーバー用に書き換える

エクスポートしたデータベース(sqlファイル)のURLは本番サイトにひも付けられているので、ローカルサーバー用に書き換える必要があります。
今回の場合は
「http://hogehoge.com」となってるのを「http://localhost/wordpress_k」とローカルフォルダ用のURLに置換機能のあるテキストエディタで一括置換します。

(4)ローカル環境でphpMyadminにアクセスして新しいデータベースを作成

MAMPはスタートページに「phpMyadmin」のリンクが張ってあるので、一発で「phpMyadmin」に入室できます。

んで、「新規データベースを作成する」から任意の名前を打ち込んで作成
今回は「wordpress_k」にします。
ローカルのphpMyadminでデータベースを作成する

(5)ローカル環境(MAMP)でエクスポートしたデータベースをインポート

先ほど、(1)で作成したデータベースを選択して「エクスポート」タブからデータベースファイルを選択して「実行」

データベースをインポートする

(6)ローカルサーバーの「wp-config.php」を書きかえ

ローカルに落とした「wp-config.php」はまだ、本番サイトに設定になっているので、ローカルサーバー用に書き換える必要があります。変更する場所は以下。


/** WordPress のデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpress_k'); ←(4)で作成したセータベース名に変更

/** MySQL のユーザー名 */
define('DB_USER', 'root');    ←データベース名を「root」に

/** MySQL のパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'root');  ←パスワードを「root」に

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');  ←ホスト名を「localhost」に

/** データベーステーブルのキャラクターセット (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */
define('DB_COLLATE', '');

データベース名とパスワードはよっぽどのことがない限り「root」で問題ないようです。実際僕もそうでした。
これで、ローカルサーバーへの移行が完了です。

手こずったところのまとめ

(1)MAMPのポート番号

参考にさせていただいたサイトでは、ポート番号の設定が初期値でやっていたようですが、僕のローカル環境は初期値ではなかったので、ココでつまづきました。
作業環境は自分に合わせてやれって事で。

自分のローカルサーバーのポート番号

(2)「.htaccess」に旧設定の削除の忘れ

参考にさせていただいたサイトにもあったのですが、ボクの場合は「# BEGIN WordPress」の項目が本番サイトと、ローカルサーバーの記述が2つ書かれてました。
「.htaccess」を開いてローカルサーバーじゃなく本番サイトの方の情報が入ってそうな箇所があれば、消すかローカルの情報に変更して上げる必要があるようです。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L] ←ココ!!!
</IfModule>

まとめ

サーバー環境の事はあまり詳しくないので、一度引っかかると中々修正が難しいものですね。けどうまく出来て良かったです。
これで、ローカル環境で、リニューアル作業が出来ますね(・∀・)
後はThemeを作り替えて、本番サイトに反映させればOKって事ですね。まぁ、今からが本番なんですけどね・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

  • サイト内検索

  • About Me

    けぃしぃ(@Kc_fuji)

    WEB制作会社に務めるサラリーマンです。 DTP、WEB制作、映像編集 チョコチョコやってます。
    このブログは、制作の覚え書きとWordpressの実験所として利用しています。

  • Recent post

  • Category

  • Twitter

  • Archives

    • 2017 (4)
    • 2016 (4)
    • 2015 (19)
    • 2014 (33)
    • 2013 (25)
  • ページの先頭へ